日々の業務・イベント情報など、日常徒然草


by naohito_imai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

新たな闘志!

8月12日午後2時45分・・・

母親が天国へと旅立ちました。

子供の頃から“親孝行”という類のことはほとんどした
記憶がありません。

それでも母はいつも笑っていました。

12年前、結婚を機会に東京から帰郷。
新潟から出て行ったときも家出同然・・・

ほんとうに迷惑の掛けっぱなし。

でも、いつも見ていてくれることを信じて頑張らなくては!

明日、あさっては「リフォーム完成現場見学会」

いつも「がんばるんだぞ」とはげましてくれた母の気持ちに
応えるよう

つねに
『もうひとがんばり!』
の気持ちを忘れないでいこう。
[PR]
by naohito_imai | 2007-08-31 17:42 | つぶやき

風評被害

8月6日から10日まで、スタッフより一足お先に
“夏季休暇”を頂いた。

僕の夏休みは子供に帰る時間。
我家の小学生の子供達と同じ目線で思いっきり
遊ぶ!
毎年の恒例行事。

映画に温泉、最終日には海水浴。
当日は気温も30℃を超え、絶好の海日和。

出だしが遅く、長岡市の“野積海水浴場”に到着
したのは午後1時過ぎ。

客引きのおにいちゃんに誘導されるまま1軒の
浜茶屋に到着。

夏休みなので混んでるかなと思いきや、店内には人が
まばら。というよりほとんどいない・・・

お店の人に

「今日はすいてますね」

と話しかけてみると

「地震の影響で例年の半分しかお客様がこないのよ」

という声。

民宿も営んでいる、その浜茶屋には例年県外からの
お客様が多数宿泊するらしい。

それが、今年は地震後に半分以上がキャンセルになった
らしい。

たしかに柏崎原子力発電所のトラブル等で“放射能”の
心配はするのだと思う。

不安のある日本海よりは多少遠くても安全な太平洋へ。
という気持ちもわかる。

特に、子供がいるおとうさんやあかあさんは考えるだろう。

でも・・・

閑散とした店内を見ていたら、なんだか寂しい気持ちに
なってきた。

僕たち家族は、そんなこと少しも気にせずに家族5人で
アサリ採り。

大きいのは5センチ以上もある大アサリをバケツいっぱい
に採って帰った。

実家に持ち帰り、採り立てのアサリで妻は味噌汁を、僕は
酒蒸しをつくって8人で食べた。

「やっぱり採り立てはうんめな」

少し砂の残るアサリを食べながら、全員笑顔。

小さなことを気にしなければ、こんなに幸せな気分になれる
のにな~
[PR]
by naohito_imai | 2007-08-12 11:09 | つぶやき

夏の恒例行事

ピカーッ
外は30℃以上。
昨日の雨がウソのように晴れ渡っています。

夏休みの子供達を引き連れて、車で3分ほどの公園へ。

毎年、夏休みに入ったばかりのこの時期。
我、今井家では何となく毎年行っていることがあります。

それは、公園にある池(沼?)でエビを採ること。

3年ほど前、まだ5歳だった次男を連れて散歩がてら来た
のが始まりでした。

「ここには何かいるのかな?」

セミを採るための目的で持参したアミは次男のその一言で
急遽サカナ採りアミに。

思い切って池の底を探ってみると、何と3センチほどのエビが
何匹か入っていました。

そのころ我家では“ヤマトぬまエビ”というエビを飼っていました。

しかし、お店で買うのと自然の中で捕まえるのとでは訳が違います。
けっきょく、10匹ほどのエビを捕まえて自宅へ帰りました。

その後2年位、エビの採れる公園の池は次男と僕の秘密の場所でした。

そして、今年は子供達3人を引き連れてやって来ました。

次男は今年で3年目。
教えなくても次から次へとエビを捕獲。

炎天下の中、子供達と同じ目線で遊べるひと時。

楽しい時間に感謝です。

e0104331_17105688.jpg

[PR]
by naohito_imai | 2007-08-04 17:13 | 家族との時間