日々の業務・イベント情報など、日常徒然草


by naohito_imai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

これからが本番です

24日と25日の二日間、会社の近くで

“リフォーム完成現場見学会”を開催した。

土曜日は朝から激しい雨(泣)

それにもかかわらず、たくさんのお客様に来場していただいた。

なかでも、場所を提供していただいたお施主様の、H様が自ら
多くの友人や知人、お身内の方などを招待してくださったのには
心から感謝するとともに、頭の下がる思いでいっぱいになった。

会社のショールームで開催するイベントと違って、現場での見学会
というのは、お客様の協力なくしてはできない。

今回の見学会は、そういう意味でも大成功だったと思う。

ただ、僕たちの仕事がこれで終わったわけではない。

リフォーム工事が終わり、改装されて新しくなったお客様のお住まいを
いつまでも快適に生活できる場所にするのが僕たちの仕事。

そういう意味では『これからが本番!』

今回のご恩に報いるためにも、何でも気軽に相談していただける体制を
維持していきたい。

お客様を幸せにするために僕たちの仕事があるのだから・・・
e0104331_18344590.jpg

[PR]
by naohito_imai | 2007-11-25 18:36 | お仕事の時間

あこがれ

先週、研修で大阪に行ってきた。
約10ヶ月ぶりの大阪。

ホテルの窓から見る景色は、明らかに新潟のそれとは違い
きらびやか
e0104331_1745498.jpg

数日前、テレビで

「大阪の人に向かって指を鉄砲のかたちにして“バーン”と
言うと、やられた人は“ウッ”と撃たれたふりをする」

というのをやっていた!

やってみたいという衝動には駆られたが。。。
そこはやはり新潟人。

とてもそんな勇気は無く、結局できずじまい(泣)
関西人の乗りのよさを体験することはできなかった。

研修も終了し、ホテルからチェックアウトした。
足早にリムジンバス乗り場に向かおうとしたその瞬間!

な、なんと目の前にはカウンタック!!

中学生のころ「スーパーカーショー」で見た以来の有志!

僕は、特別車が好き、というわけではない。
でも、カウンタックはなぜか特別。

13歳の中学生のころも、その場所に釘付けになったことを
今も忘れない。

そのころは“高級なスポーツカー”という感覚はなかったように
思う。どちらかといえば「未来の車」という感覚。

何十年か後には、こんな車がいっぱい走っているように感じて
いたと思う。

あれから30年。

いろんなことを経験した。

でもまだカウンタックには縁が無い。。。

いつまでもあこがれのままで終わりそうな感じかな。
e0104331_1805235.jpg

[PR]
by naohito_imai | 2007-11-21 18:03 | 勉強の時間

皆様のおかげです

うちの会社は10月が上半期の締め。

リフォーム・ショールームを出展したばかりの去年に比べ
“ただ、目の前にあることに対応”するということから

“どうすればうまくできるか?”

という「自分で考える」ことができるようになってきたように思う。

よく「会社は誰のためにあるのか?」ということが多くの雑誌
に載っている。

株主のため。

とうのが大きな会社の一般常識のようだ。

しかし、うちのような小さな会社にとっては一番は“お客様のため”

2番目は“働いてくれているスタッフのため”だと思う。

今年に入って、新しいスタッフが3名加わり新たな船出をした。

とにかくみんな真面目で一所懸命だ!

10月が終わり、好成績で下半期に折り返すことができるのも
うちを選んでくださったお客様と、がんばってくれたスタッフのおかげ。

ささやかなご褒美だが、上半期の打ち上げ会を開催した。

お酒が入って笑顔で語り合う様子を見ているだけで幸せになる。

みんな半年間お疲れ様でした。

これからもよろしくお願いします。
e0104331_18495678.jpg

[PR]
by naohito_imai | 2007-11-11 18:51 | スタッフとの時間

原点に帰るということ

僕は楽天家だ。

多少のことで落ち込んだり、イライラすることはあまりない。

でも、ある現場でお客様に言われた一言はかなり堪えた。

「あなたたちは、自分たちの都合だけで工事しているじゃない!」

“お客様の幸せのため”“喜ぶ顔が見たいから”

僕は、常に『お客様の立場に立って』という言葉を口にしてきた。

しかし、それがどれだけスタッフ全員に伝わっていたのか・・・・
悔しささえ感じた。

ほとんど眠れない朝を迎え、いつものように愛犬ドリーを連れて
散歩に出かけた。

朝の6時半。外は雲ひとつない秋晴れ。

今日会社に行ったら、もう一度スタッフに語りかけようと思った。

「私たちが何のために“リフォーム”という仕事をしているのか」

ということを。
e0104331_13484342.jpg

[PR]
by naohito_imai | 2007-11-10 13:49 | つぶやき

ロマン

僕たち家族は、2年半ほど前に今の場所に家を立て
引っ越してきた。

同じ、旧亀田地域。

前に住んでいたところに比べると、“住宅地”というよりは
梨や梅などの果樹園の多い地域だ。

そして、越してきて2年くらいの間に住宅地の造成や道路の拡張など
とにかく近くで工事をしていることが多い。

工事のたびに同じような看板が立つ。
e0104331_17534289.jpg


「いったい何がでるんだろう?」

興味津々。

そう、僕はけっこう土器や石器のたぐいに興味がある。
旅行なんかに行くと○○博物館や○○美術館には必ず行く。

“これを使ってどんな生活をしていたんだろう”

“どんな会話があったのかな?”

なんていうことを想像してしまう。

今住んでいる家の近くにも、その時代の生活があったんだ、と
思うだけでワクワクしてくる。

たまには仕事以外のことを真剣し調べてみようかな。
なんて思ったりもする。

たぶん無理だと思うけど。。。。
e0104331_186698.jpg

[PR]
by naohito_imai | 2007-11-09 18:07 | つぶやき